2019-08-10

THETAで新事務所の360°写真を撮ってみた

こんにちは、サイキです。

ヤブシタの本社が移転したので、遊びに行くついでに新事務所の撮影をして来ました。

普通のカメラでも写真・動画の撮影をしましたが、リコーが出している 360° カメラ「THETA」を使って撮ってみました!360°写真とは何か? 実際に撮った写真がこちら↓

札幌新事務所 – Spherical Image – RICOH THETA

いい感じに撮れてると思います。マウスで突っついたりすると、好きなところを見ることができます!よく見ると端っこの方に段ボールが写ってたりするあたり、ちょっと詰めが甘いよね。帰りの飛行機の時間が迫っており、ちょいテンパってました汗

THETAの撮影方法

リコー「THETA」とは?

リコーが出している360度カメラ。業界シェアNO.1。スマホと連動し撮影することで、お手軽に360°写真・動画を撮影できる。写真・動画をアップロード・共有するプラットフォームも提供している。 theta360.com

思ったより安い

THETAはカメラレンタルをしているRentioで3泊4日4000円くらいでレンタルしました。安い!

ちなみに購入となると本体価格は2万前後くらいです。

グレードが何個かあるのですが、今回のような写真撮影用途だと一番グレードの低い「THETA SC」で十分です。

リコーさんには申し訳ないですが、一回撮ったらあまり使わないのでレンタルでいいかな~と思いました。たくさん物件を持っている不動産業者が物件ごとに360°内見を載せたいとかだったら購入しても良いかもしれません!

思ったより簡単

THETAはwifiでスマホと連携し、専用アプリを使って撮影します!

遠隔で撮れるので、自分の写りこみを防ぐために一脚立ててTHETAを設置、カメラから離れて撮りました。

撮った後はYoutubeと同じように撮影した写真をアップロードし、WEBサイトに埋め込むためのHTMLを発行してくれるプラットフォームがあります。

初めてこのプラットフォームを使ってみたのですが、アップロード・公開は簡単にできました!HTML発行も簡単でしたが、レスポンシブ対応でなかったので、ちょっとコードをいじる必要がありました。

普段私が居る当社オフィスも撮っちゃいました。↓

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

なかなか臨場感があって素敵ですね!

デメリットとしては、ファイルサイズが大きいです。1枚あたりだいたい2MB~3MBくらいなので、WEBサイト1ページに何枚も載せれないですね。こちらの圧縮方法はおいおい調べていきます。

今日の朝に撮った新事務所の動画や写真は9月頭のメルマガ発行に向け編集していきます。自由研究感があっていいですね。そんな感じのお盆休み初日を過ごしました!